サービス内容で比較!マンション管理業者評価なび

ホーム > マンション管理業者とは > マンションの管理は業者に任せるのが一番安全

マンションの管理は業者に任せるのが一番安全

マンションの管理と一口に言っても、その内容は多岐にわたります。
住民との話し合いもする必要がありますし、お金の計算もしなければいけませんよね。
どんな建物でも一定期間が過ぎるごとに大規模修繕が必要であって、その計画はきちんと作っておかなければいけません。
近年は、災害時の対策も重要になってきます。
防犯対策や火災対策もきちんとしておかなければ、万が一のときに責任を背負わなければならなくなります。
非常に難しい仕事になりますから、管理業者にすべての仕事を任せてしまうのが一番安全ではないでしょうか。
大手マンション管理会社なら、一括して仕事を任せられます。
ノウハウのある大手企業なら、大規模なタワーマンションのケアもしっかりとしてくれて便利です。
コストはかかりますが、必要経費として計算に入れられるので、ダメージは最小限に抑えられます。



マンション管理を業者に任せる方法

マンション管理を業者に任せる場合、2つの方法があります。
全部委託と一部委託です。
全部委託とは、ほとんどの業務をを任せる方法です。
その代わり毎月定額の委託料を支払います。
現状では毎月の家賃総額の5%が一般的です。
全部見てもらってる安心感から、組合がマンションの改善や問題点を見落としがちになることも考えられます。
一部委託とは管理費の出納や派遣など一部の業務のみ任せることを指します。
全部委託と比較すると手数料などの経費をカットできます。
しかし、専門会社に発注する際は、管理組合が自ら確認作業をする必要があります。
又、物件に関わる場面が多いため、高齢などの理由で作業ができなくなる不安もあります。
業者に頼む全部委託・一部委託はそれぞれメリットがあります。
自分に合う方をよく検討してから選んだほうが賢明ですね。



マンションを管理する業者は健全です

人が家に住むときは責任者がいなければ、安全性は100パーセント確保することはできません。
マンションであれば、数多くの人が同じ場所で生活をすることになるので、管理人が必要になります。
業者に相談をすれば、現場主義を大切にしているプロの管理人がトラブルを解決してくれます。
トラブルが起きたときでも入居者の視点に立ってトラブルをできるだけ早めに解決できるように努力してくれるので、要望や問題点があるときは、できるだけ分かりやすく管理人に伝えるようにしましょう。
問題がある場合はすぐに業者に連絡が入って、専門知識の高いスタッフを派遣することもあるので、安心してマンションに住むことができますし、業者にいるスタッフがマンションを定期的に巡回して安全性のチェックや業務の打ち合わせをしているので、現場指導には自信があります。
清掃状況の確認もしているので、健全な体制が整っています。

次の記事へ

カテゴリー