サービス内容で比較!マンション管理業者評価なび

ホーム > マンション管理業者とは > マンションの管理と委託業者に関して

マンションの管理と委託業者に関して

新規分譲マンションの売れ行きが好調ですが、それとは対照的なのが老朽化したマンションのリフォームです。
バブル期に建設されたマンションの大部分が、リフォームや修繕に時期になっています。
すんなり話し合いがまとまればベストですが、なかなか上手くは運ばない現状があるようです。
管理は外部に委託されているケースが多く、トラブル時には迅速な対応をしてくれます。
水漏れや電気関連のトラブルは多いですし、住民にとっては頼もしい存在と言えるのではないでしょうか。
景気の回復と共に建設ラッシュが起きていますが、管理する業者にとってもビジネスチャンスと言えるのではないでしょうか。
不動産関連の資格を持っていると採用され易いですし、求人の数も増えることが予測されています。
互いのニーズは一致していますし、景気の回復を後押ししてくれるはずです。



分譲マンションの管理を業者に依頼するメリット

分譲マンションを購入した際、基本的に管理は所有者同士で構成されている組合で行います。
しかし、それでは難しい面がたくさんあるので業者に委託する人がほとんどです。
メリットとしては、全部委託する場合と一部委託の場合とで違います。
全部委託の場合は全てを一括して任せて、毎月定額の委託料金を支払います。
それだけで基本的なことは全て行ってくれるので、所有者同士の負担がかなり減ります。
これが現在の主流とも言えます。
また、一部委託の場合は、維持費などの出納や委員の派遣など一部を任せるものになっています。
設備点検や清掃に関しては、組合が手配しなくてはいけません。
ただ、この一手間だけで全部委託に比べると手数料などをカットすることが可能なので、所有者同士の負担がそこまで増えることなく、維持費などの削減が可能です。
しかし、専門会社に依頼した際は、業務結果を組合がきちんと確認しなくてはいけないなどはあります。



マンションの管理する業者を選択するなら

マンション管理業者を選択したいということであれは、きちんとした基準を持つという部分が重要となっています。
現在ではたくさんのマンション管理業者がサービスを提供しているということから、様々な比較を多角的にしていくということが大事です。
そうすることによって、自然と必要なサービスを絞り込んでいくということが出来るようになっています。
マンション管理で重要となっているポイントは、費用とサービス内容があります。
どれくらいの費用が必要になるのかや、どんなサービスを利用することが出来るのかが大切なポイントとなっています。
費用は、固定的に必要となってくるお金ということもあり少しの金額差がトータルにすると大きな金額となっているということが多々あります。
こうした、金額差は少しでも安い方を選択することが大事となっています。

次の記事へ

カテゴリー