サービス内容で比較!マンション管理業者評価なび

各社の総合評価早見表

マンションを管理する業者を選定するポイント

マンション管理業者につきましては一見するといずれも同じようでいて、そのサービスの水準に相当な開きがあります。
同じような業務をしたとしてもクォリティーの違いが出て来るということです。 報告書ひとつ取りましても、細かい部分まで配慮が行き届いたパーフェクトな内容を提示してくる業者もあれば、 会計報告のみ出して終了というところも見られます。
困難なことに、こうした実力のギャップを管理組合があらかじめ見極めるのは困難を伴います。いずれを選んでもプレゼンテーションでは良い事のみを言うし、それとは逆に契約書に書かれているのは決まっている業務仕様だけで、 比較対照の材料にならないためです。
そこで新たな形での管理会社を選択するケースでは、どんなところを見極めるのかについて、ネットなどを駆使して可能な限り情報収集して、比較することが重要になります。


マンションを管理する業者を選ぶ際の重要点

マンション管理適正化法によりまして、マンション管理会社につきましては、あらためていうまでもなく、登録簿に対して登録を受ける必要があります。
仮に、業務の委託を考慮している会社が無登録であった場合、法令遵守の考えがない企業といえます、仮に業者が破たんをした場合であっても何一つ保証されませんので注意する必要があります。
そして、委託費が安い価格でも控えるべきでしょう。さらに、管理組合の質問に関しての応対の振る舞いとスピード感を確認します。マンションに居を構えていく上で、エレベーター故障という様な緊急事態に巻き込まれることがあります。
その時に、スピーディーに駆けつけてくれない業者では心配といえます。
それに加えて、いくつかの業者より見積書を取寄せて、プロフェッショナルの助言をきいた上で判断することもポイントです。


マンションを管理する業者をチェックするポイント

マンション管理はただ単に日頃の清掃に取り組むだけでなく、資産の価値の持続それから、快適に過ごせるマンションライフのため、多種多様なケアを欠かすことが出来ません。
しかしながら管理組合は原則として素人であるため、業者に本格的な広い範囲の知識や経験値を元にサポートや助言をしてもらうことを求めることになります。まず、業者からの報告書をベースに、有効に使われているか否かを検証しましょう。
水道代、或いは消耗品費など、イレギュラーな出費がないか、積立金の推移など、お金の動向を把握することが必要不可欠になります。
1年ごとに絶対必要な経費算出、或いはこれから先生じてくる補修工事、あるいは建て替えといった時にもどうしても必要なのが工事報告書になります。
これ以外にも建築図面、或いは補修工事工程表といった必要な関係書類は一括管理してくれるような業者選びが重要になります。

カテゴリー